「取り憑かれる」という話に取り憑かれる?ということについて 

今回は、ちょっとスピリチュアル系の話をしたいと思います。

「~に取り憑かれる」
「~のたたり」


などというお話や、そのために

「お祓いをしなきゃ」
「浄化をしなきゃ」


というお話があったとします。

基本的に、私はこういったことを言わないタイプですので
このようなご相談を受けることはあまりないのですが
もしもそういう不安があって、何らかの流れでこれを見てくださっている方がいたら一言。

それって、「取り憑かれるというドラマ」に自分が入っているんですよ!
つまり、自分がそのお話に同調しているんですね。

「じゃあ、それらは全部幻想なの?」
「思い込みなの?」
「ただの神経症なの?」

という疑問が出てくるかもしれませんが、実はここにはもう一つポイントがあります。
ここら辺がスピリチュアルベースのカウンセリングの特徴になるかもしれませんが

それって、ただの思い込みじゃないんですよ。
あまりにも信じると、身の回りでそういうことが本当に起きてきたり、そのように感じる機会が増えてくるんですね。

それくらい人の想念て強いものなんです。
言い換えると、そのくらい私たちってパワフルなんですよ。

そういうドラマに入っていると
自分の力のなさを増長したり、刺激するようなお話、存在、エネルギーに出会いやすかったりするかもしれません。
また、「私、見えるんです」と言う人たちに、「あなた、○○の影響を受けて、悪いことが起きている。or 起きる。それを避けるために○○しなければならない」と言われるようなこともあるかもしれません。

でも、そういうときには「そんなことを言われるなんて、ついていない私」で終わりにするのではなく
ここは一つのチャンスでもあると思います。


その状況を使って、そのドラマに入っている自分を思い出すのです。
私たちは選ぶことができます。

私はこのドラマの中に居続けたいか?
この状況をパワフルな自分を思い出す機会とするか?

それは本当にご自身の選択です。


を選んだ場合、今後そのことを意識していくような機会や出会いが増えていく可能性が高いでしょう。
そして、この件に関しては今私とはあまりお話することはないと思いますので、どうぞご自身の道を進んでください!

を選んだ場合、今後そのことを意識していくような機会や出会いが増えていく可能性が高いでしょう。
とても敏感だという方も、「一方的にやられてしまう」のと、「自分が同調している」には大きな違いがあります。何か嬉しくないことが起きている場合には、やみくもに○○のせいや、運命のせいにしてしまう前に、見ていくといいものがあるかもしれません。悩んでいらっしゃるときには、私がお手伝いできることもあるかと思います。

③また、よくわからないから、「とりあえず結論を出さずにちょっと置いておく」「こういう考え方もあるんだな」というスタンスを取ってみるというのもありかと思います。


そしてまた、この記事自体に頷く・頷かないもご自由ですし
重ねてになりますが、それも含めて、ご自分には選択する力があるんですよ、ということが私がここでお伝えしたいポイントとなります☆


志野












スポンサーサイト

10/7(日)~11/19(日) イベント出展のお知らせ 

10/7(日)~11/19(日) イベント出展のお知らせです。

(※先月21日のラスベガスの記事ですが、結果的に集合意識に同調するようなタイミングでUPしたような形になってしまいましたが…、消してしまうのも何なのでこのままにしておこうと思います)

イベント出展は、10月は今のところ7日(土)の『開運占いフェア(浅草)』のみですが、11月は結構動く予定です!
どのイベントも入場無料です。プライベートなことを話すのに少し抵抗がある方も、よろしければまずは感じを見にお気軽にお越しください。(ミニエンジェルカード一枚引き無料♪) 
&各イベントとも前日までのご予約で、プレゼントもございます。→ shino_therapy@blooming-tree.com



☆10/7(土)「台東区民会館9F」 で行われる『開運占いフェア(東京)』 出展
開催時間は 11:00~18:00
初出展のイベントです。主催の方と何度か顔を合わせる機会があって、申し込んでみました。^^
どんな雰囲気か楽しみです!


☆11/5(日)関内の「三井横浜ビル3F ラジオ日本会議室A+B」で行われる『横浜ヒーリングマーケット』 出展
開催時間は10:30~18:00
横浜のヒーリングマーケットは2回目の出展です。プロの歌手の登場などもあって盛りだくさん☆
関内はちょっと縁を感じる場所なので、このように足を向けるのは感慨深いものがあります。


☆11/14(火)「湯河原リトリート ご縁の杜」で開催される『ご縁の杜マーケット』 出展
開催時間 11:00~16:00
にぎやかなご縁の杜マーケット。美味しいご飯や温泉もあります!(別途料金)
ゆったりしたスペースをいただけるので、友人の商品も紹介しています。^^


☆11/18(土)「(渋谷)フォーラムエイト 515会議室」にて行われる『すぴりちゅあるファーム』 出展
開催時間 10:00~16:00
初出展のイベントです。前回見学に伺ったのですが、気になって申し込ませていただきました☆
どんな感じか、楽しみにしています!


☆11/19(日)「横浜ワールドポーターズ(6F)」で行われる『心と体が喜ぶ癒しフェスティバル (横浜)』 出展
開催時間 11:00~18:00
おなじみの癒しフェスティバル♪  ワールドポーターズは、赤レンガやコスモワールド等が近くの心地よいショッピングセンターです!(ブース番号は、わかり次第追記します)



ご興味やタイミング等合いましたら、ぜひお越しください☆
ご縁のある方、お会いするのを楽しみにしています。

志野










ラスベガス 

今回も、以前書き溜めていたものの中から個人的な話を1つ載せてみようと思いました。昔の恋愛や、別れに触れる話です。今はカップルカウンセリングや、「恋愛・パートナーシップ」のワークショップも行っていますが、個人的に私も色々経験しています。もう随分前のもので、この後も更に色々なことがありましたが、基本的に考えていることはあまり変わっていないかな、と思います。^^

(※こちらの記事をUPした後にラスベガスで事件が起きてしまい、結果的に集合意識に同調したようなタイミングになってしまいましたが…、消してしまうのも何なのでこのままにしておこうと思います)






ラスベガスは私にとって少し特別な街だ。


20歳を目前にして、それまで付き合っていた人と別れてしまったとき

3ヶ月くらい、朝から夜までずっと泣いていた。

もう涙なんて親には全く見せない年になっていたのに

それどころではなくて

外に出るとうまく歩けなかったから

全てをストップした。


そんな私に母がたくさんのビデオ(映画)を借りてきてくれた。

日中それらを観ているときだけ、少しだけ気がそれるから。


それでもたくさんの映画を観ながら悲しい話で泣き、ラブシーンでも彼を思い出して泣いた。


そんな中で観た「リービング・ラスベガス」

人生に絶望したニコラス・ケイジ主演の男性が

ラスベガスでお酒を飲み続ける映画

その全く希望のない世界が、そのときの自分にすごく共鳴した。

そして後からこの映画の原作者が自殺してしまったと知ったときに

私はそのときどこかで思っていた「この世からいなくなってしまいたい」という気持ちを

一緒に委ねてしまおうと思った。


手放したのはボーイフレンドとしての彼だけじゃない

この地上に永遠に変わらない形があることを

とても単純に躊躇いなく信じていた私

そんな私の小さな世界観をこの映画と共に葬ったのだと思う。




それから2年半が過ぎて大学卒業のとき、友人たちに旅行に誘われた。

私はそれまでアメリカに興味がなかったのだけれど、行き先はそのときの話の流れから

ラスベガスとロサンゼルスに決まった。

初めて足を踏み入れたアメリカはとにかく巨大な感じがして

本場のラスベガスはファッションホテルとパチンコ屋さんが並んでいるような、大人の遊園地みたいだった。

そこで、砂漠をジープで駆け回るツアーのパンフレットを見た。

「面白そうだな」と思って、少し心が動いたのだけれど

友人たちは興味がなさそうだったので、それはそのままに。

ビュッフェに行ったり、ショーを見たり、グランドキャニオンやショッピングモールに行って

観光客らしく遊んだ。




そして更に数年後

私は砂漠の中を、恋人が運転する四駆に乗りラスベガスに向かって走っていた。

何時間走っても辺りはほとんど同じ景色。

夜になって車を停めて外に出てみると、空には数えきれないくらいの星たちが瞬いていた。

そして、闇の中に突然現れるきらびやかな街、ラスベガス。

今回もまた旅行客として訪れたけれど

一般車の中から見るその街に、以前訪れたときよりも親しみを感じた。

二度目になるこの街はやっぱり胡散臭くて、休暇中の人たちがたくさんいて

アメリカのいいところも悪いところも極端に詰め込んでいるようだった。


そして、正確にいうと私たちはラスベガスではなくその近郊に用があったのだけれど

その帰りに再び寄ったラスベガスで

イタリアのベニスを模して作られたホテルベネチアンのゴンドラに乗った。

以前そこで花嫁・花婿さんが一緒にゴンドラに乗っているのを見て羨ましかったのだ。

けれども、列に並びようやくゴンドラに乗り込んで出発したら

恋人がゴンドラを漕いでくれているお兄さんに

ホテルと共に作られたこの運河の構造について何やら長くなりそうな質問を始めた。

それを聞いた私には

「作り物ということはわかっているのだから、美しくライトアップされたこの雰囲気をもっと楽しみましょうよ」

という思いがこみ上げてきて

「It's not so romantic !」と思わず言ってしまった 。
(↑そんな私も全くロマンチックじゃなかった!^^)

そうしたら相乗りしていた、アメリカ人夫婦(多分)のおじさんに

「男っていうものはね、そういうものなんだよ」という感じでまとめられてしまい、皆で笑った。




そして、今はその恋人とも別れて

日本のレンタルDVD屋さんで時折「リービング・ラスベガス」のタイトルを目にする私がいる。

強烈過ぎて一回しか見ていないし、細かい内容は覚えていないけれど

この映画を見ながら泣きに泣いた過去は、遠い遠い記憶の中にある。



ラスベガス。

この先はわからない。

また行くかもしれない。

いつか、すごく愛しい魂とともにそこにいて

「人生は色々だなあ」とつぶやいている自分がいるかもしれない。

そのとき隣にいるのは既に知っている人かもしれないし

まだ出会ってもいない誰かかもしれない。

今だって行こうと思えば、すぐにでも行ける。

そしてラスベガス自体もどんどん変化していくのだろう。



生きるってそういうことだ。

色々変わっていく。

でも続いていく。

そして

今の私はもう知ってしまっている。

たとえ誰もいない砂漠で二人きりになって濃密な時間を過ごしたとしても

人は離れるときには離れてしまうということを。

どんな別れの後にも

深い部分ではずっとつながっている、と感じる時は必ずくるけれど

本当は何も失うことなどできないのだ、と思う日も必ずくるけれど

それでも

人間として生きる限り永遠に同じままではいられないことを。



だから大切にしたいと思う。

今という瞬間を。

今見ている景色を。

パートナーに限らず、今一緒にいられる人たちを。

今という瞬間は、目を逸らしたらすぐにこぼれおちていってしまう。

当たり前だけれど、決定的なことがない限り、忘れてしまいがちだけれど

一瞬前にはもう二度と戻ることはできない。

そんな今という重なり合う時を、心から大切にし合える人たちといたい。

前よりももっとずっとそう思う。


そして、それができたとしても

人生は変化し、続いていく。

出会った人とは、たとえ天国にいるような関係を築けたとしても

いつかは必ず肉体的な別れの瞬間がやってくる。

この世界の中で、形あるものとして、変化は自然の摂理の一部だ。

そのことはもうわかっている。


それでいいのだ。


だから形を失うことを恐れて小さくならないように、今を大切にしながら

今という瞬間に永遠を感じながら

目の前にいる人とは些細なことで笑い合いながら

世界の輝きや不思議さに目を向けながら

変わりゆく人生を味わいつくしたい。

そんなふうに思う。




どんなに近づいても他の誰かを思い通りに動かし続けることなんてできないし、その必要もない。

そして、どんなに離れても本当の意味で手放すこともない。

私たちは個々人で、皆つながっているから。


だから、今できるのは個性ある自分を大事にすること。

同じように個性ある他者を大事にすること。


大事にするとはどういうことか

互いを尊重するとはどういうことか

それはきっと時と場合によって違うから

たくさんの方法や答えがあるだろう。


だからきっと私はこれからもそれを問い続ける。













9月の電車にて 

私は中野の街に行くと、時々思い出すことがあって「あれから色々あったなぁ」なんて思いながら商店街を歩いたりします。
先日もそんな気持ちになったので、今回は昔書き留めていたものを載せてみることにしました。
(※文中の「頭に響く声」についてですが、精神世界と意識的に向き合う狭間のとき(21、2歳頃かな…。)にはこんな感じが特に多くて、辿っていくと自分にとっての何かがあることがわかっていたのでよく追っていました)




電車にて

「あっちに行って」「こっちに行って」という声が頭に響くようになったとき、その声によく乗り込む電車の車両やドアを指定されることがあった。
そんな9月のある日、中野から電車に乗った時、「隣の車両に移って」という声が頭の中でした。
隣の車両に移れば、明らかに降りる駅の改札からは遠ざかるのだけれど、私は言われたとおりに移動した。
そしてその電車は中野が始発だったので、暫くそのまま停車していたと思う。
私が車内の椅子に腰をかけていると、乗り込んできた男の人に「あ!久しぶり!!」と声をかけられた。
その人は私が以前アルバイトをしていたレストランの先輩で、飲み会などで帰りが遅くなると皆を車で送ってくれるような人だった。
そして私は偶然の出会いを装いながら(?)、久しぶりに会った彼と一駅分だけ話をした。
その途中で彼が「聞いてよ。今日は僕の誕生日なんだ」と言ったので、何かをあげたくなったのだけれど、特にプレゼントになりそうなものは何も持っていなかったので、ポケットに入っていたガムを渡した。
既に一つ食べてしまった残りのガムを「こんなものしかないんですけど、よかったら」と言って。
彼は「ありがとう。これから皆で分けます」と律儀に受け取ってくれて、そして「君は相変わらずのんびりしているね~。何も考えていないでしょう!」と少しばかり失礼なことを言ってきた。
チューリップの球根とそれを植えるための大きな鉢が入った包みを抱えていたその時の私は「頭の中は結構忙しいんですけど」という言葉を飲み込んで「私のことをそう見たいのならばそれでいいや」と思い、その話にはうやむやに笑って次の駅で降りた。

そして、それが私が彼の顔を見た最後になってしまった。

それから一、二年後くらいに昔のバイト仲間から突然電話がかかってきて、「暫く前に彼が交通事故で亡くなったらしい」という話を聞いたのだ。
とても親しかったわけではないので、お葬式の話や風の便りでさえすぐには私たちのところまで届かなかったけれど、今でも時々最後になってしまった彼とのひと時を思い出す…。

彼は私が彼との話をこんなふうに文字にしたらなんて言うのだろう。
きっと「僕のことを書いたでしょう」って笑うかな。




何だかもう彼は個人としての彼を超えてもっと大きな何かに包まれている感じがするので、「この話もそろそろ時効かな」と思いました。
4つほど年上の彼を私はお兄さんだと思っていたけれど、今は当時の彼くらいの年の子を見ると若いなぁと思うような大人になってしまいました。
振り返ると、とてもまじめで、でももしかしたらそれが逆にぶれてちょっといい加減で、色々収まりきらなくて生きづらそうなところのあるすごく優しい男の人だったな、と思います。
私の記憶の中の彼はあの年で止まったまま、私はあれからたくさんのものを手にしたり手放して、色々なところに行き色々な人たちと交流しながら今も同じように電車に乗っています。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

私は昔から公私に限らず、やたらめったら色々な人と出会うというところがあって、それもなぜだか転機(出会いや別れ、引越、転職、考え方の変化等も含めた何らかの移行途中)にいる人が多かったりします。(自分の無意識を含む選択が、そういう渦中にいる人たちとの出会い引き寄せるのかなと思ったりもするのですが、ただ、その先は個人としての私が関わるとは限らず、むしろそうではないことの方が多いように思います)

そして、人は皆それぞれとてもユニークで、時々、昨日話をしていた人と明日話をする人は同じ街に住んでいてもすれ違うことすらないのではないかと思うこともあるのですが、いい・わるいではなく、それだけ人は信じていることや当たり前のことが違って、経験している世界が違うのだなぁと感じたりもしています。
(それはもちろん私自身にもいえることで、結局生きるということは自分を見つめ続けるということでもあると思うのですが)

因みにこのお仕事を始めたときには、意識的な同意のもと変化・変容のお手伝いをしようと思って、セッションにトランジションセラピーという名前をつけていました。
もちろん変化の渦中にいらっしゃって落ち着かないときに限らずですが、辛いときや行き詰まりを感じるときにはお一人だけで悩まずにお声をおかけください。お手伝いできることがあると思います。→ブルーミングツリー














先週末は「恋愛・パートナーシップ」のワークショップでした。 

先週末は、KAMAZOUさんこと かまくら駅前蔵書室さん のあたたかな空間をお借りして、『恋愛・パートナーシップ』☆出会いに自分を開く☆親密な関係に入るための準備☆ のワークショップを開催させていただきました。

21148514_1258433604283991_245334248_n.jpg

↑ こんな感じでお話しています。

また私は、ワークショップではレクチャーに加えてしばしば誘導瞑想を用いるのですが、初めての方も喜んでいただけたようでよかったです。(あくまでもご自身が開いた分だけ、望まれることが起きるよう意図しております。何かを強制することはありませんのでご安心ください。)
このように私自身も軽い変性意識に切り替えて誘導させていただきます。(いつの間にか撮ってくださっていました↓)

21100580_1258433774283974_500759844_n.jpg


ブルーミングツリーのFBページ にも様子を載せてみましたので、よろしければご覧くださいませ。
(FBページは、FBをなさっていない方も見ることができます!)
参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

&次回、9/18(月・祝)も受け付けております!
※「恋愛・パートナーシップ②」ですが
こちらの②だけでも、ご参加いただけます。





『恋愛・パートナーシップ②』
☆できるだけ心地良い関係を持つためのヒント☆
☆大切なコミュニケーション☆
 
 

このワークショップは、現在パートナーがいらっしゃる方、これから親密な関係に入りたいと思っていらっしゃる方共におすすめの内容です。

パートナーとできるだけスムーズに関わるためのヒントから、より深く付き合うためのコミュニケーション、個々人・カップルとしてのバランス、関係の中で浮かび上がりやすいこと、親密な関係における成長などにフォーカスしてお伝えします。


☆大切なコミュニケーション
☆個々人・カップルとしてのバランスについて
☆関係の中で浮かび上がりやすいこと
☆プライベートな好みについて
☆親密な関係における成長
☆別れ(離別、死別等)について

   

   
☆日程: 2017年9月18日(祝・月) 10:30~13:00     
 
           
☆場所: かまくら駅前 蔵書室 
      鎌倉市小町1-4-24 企業プラザビル3F (鎌倉駅東口すぐ)


☆料金: 2,700円 (かまくら駅前蔵書室会員の方は、200円OFF☆)


☆定員:  ~8名 


☆お申込、お問合せ 
→ Eメール:shino_therapy@blooming-tree.com        
ワークショップ名、 開催日、お名前、お電話番号、Eメールアドレスを教えて下さい。




ご興味のある方、お会いするのを楽しみにしています。


love, しの