9月の電車にて 

私は中野の街に行くと、時々思い出すことがあって「あれから色々あったなぁ」なんて思いながら商店街を歩いたりします。
先日もそんな気持ちになったので、今回は昔書き留めていたものを載せてみることにしました。
(※文中の「頭に響く声」についてですが、精神世界と意識的に向き合う狭間のとき(21、2歳頃かな…。)にはこんな感じが特に多くて、辿っていくと自分にとっての何かがあることがわかっていたのでよく追っていました)




電車にて

「あっちに行って」「こっちに行って」という声が頭に響くようになったとき、その声によく乗り込む電車の車両やドアを指定されることがあった。
そんな9月のある日、中野から電車に乗った時、「隣の車両に移って」という声が頭の中でした。
隣の車両に移れば、明らかに降りる駅の改札からは遠ざかるのだけれど、私は言われたとおりに移動した。
そしてその電車は中野が始発だったので、暫くそのまま停車していたと思う。
私が車内の椅子に腰をかけていると、乗り込んできた男の人に「あ!久しぶり!!」と声をかけられた。
その人は私が以前アルバイトをしていたレストランの先輩で、飲み会などで帰りが遅くなると皆を車で送ってくれるような人だった。
そして私は偶然の出会いを装いながら(?)、久しぶりに会った彼と一駅分だけ話をした。
その途中で彼が「聞いてよ。今日は僕の誕生日なんだ」と言ったので、何かをあげたくなったのだけれど、特にプレゼントになりそうなものは何も持っていなかったので、ポケットに入っていたガムを渡した。
既に一つ食べてしまった残りのガムを「こんなものしかないんですけど、よかったら」と言って。
彼は「ありがとう。これから皆で分けます」と律儀に受け取ってくれて、そして「君は相変わらずのんびりしているね~。何も考えていないでしょう!」と少しばかり失礼なことを言ってきた。
チューリップの球根とそれを植えるための大きな鉢が入った包みを抱えていたその時の私は「頭の中は結構忙しいんですけど」という言葉を飲み込んで「私のことをそう見たいのならばそれでいいや」と思い、その話にはうやむやに笑って次の駅で降りた。

そして、それが私が彼の顔を見た最後になってしまった。

それから一、二年後くらいに昔のバイト仲間から突然電話がかかってきて、「暫く前に彼が交通事故で亡くなったらしい」という話を聞いたのだ。
とても親しかったわけではないので、お葬式の話や風の便りでさえすぐには私たちのところまで届かなかったけれど、今でも時々最後になってしまった彼とのひと時を思い出す…。

彼は私が彼との話をこんなふうに文字にしたらなんて言うのだろう。
きっと「僕のことを書いたでしょう」って笑うかな。




何だかもう彼は個人としての彼を超えてもっと大きな何かに包まれている感じがするので、「この話もそろそろ時効かな」と思いました。
4つほど年上の彼を私はお兄さんだと思っていたけれど、今は当時の彼くらいの年の子を見ると若いなぁと思うような大人になってしまいました。
振り返ると、とてもまじめで、でももしかしたらそれが逆にぶれてちょっといい加減で、色々収まりきらなくて生きづらそうなところのあるすごく優しい男の人だったな、と思います。
私の記憶の中の彼はあの年で止まったまま、私はあれからたくさんのものを手にしたり手放して、色々なところに行き色々な人たちと交流しながら今も同じように電車に乗っています。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

私は昔から公私に限らず、やたらめったら色々な人と出会うというところがあって、それもなぜだか転機(出会いや別れ、引越、転職、考え方の変化等も含めた何らかの移行途中)にいる人が多かったりします。(自分の無意識を含む選択が、そういう渦中にいる人たちとの出会い引き寄せるのかなと思ったりもするのですが、ただ、その先は個人としての私が関わるとは限らず、むしろそうではないことの方が多いように思います)

そして、人は皆それぞれとてもユニークで、時々、昨日話をしていた人と明日話をする人は同じ街に住んでいてもすれ違うことすらないのではないかと思うこともあるのですが、いい・わるいではなく、それだけ人は信じていることや当たり前のことが違って、経験している世界が違うのだなぁと感じたりもしています。
(それはもちろん私自身にもいえることで、結局生きるということは自分を見つめ続けるということでもあると思うのですが)

因みにこのお仕事を始めたときには、意識的な同意のもと変化・変容のお手伝いをしようと思って、セッションにトランジションセラピーという名前をつけていました。
もちろん変化の渦中にいらっしゃって落ち着かないときに限らずですが、辛いときや行き詰まりを感じるときにはお一人だけで悩まずにお声をおかけください。お手伝いできることがあると思います。→ブルーミングツリー














スポンサーサイト