タイトルについて 


今回は、HPとこのブログのタイトルについて書いてみようと思います。

ブルーミングツリーというのは、直訳すると「花咲く木」という意味です。

HPのタイトルを考えていたら眠ってしまって、起きたときに思いついたのがこの言葉だったのですが、後付けになるかもしれませんが、多分由来は三つあると思います。

一つ目は、大学生になったとき、今まで地球上に興った文明は、植物のように、成長、発展、衰退を繰り返していったけれど、これからはグローバル化が進んで、色々な文化・文明が交じり合い、今までになかったような新しい世界が始まる、というような話を聞いたときに、単純かもしれませんが、何だか感銘を受けて、自分はそれを見てみたいな、と思ったところから来ています。
(個人的には、いわゆる西洋的な「自立」の精神と東洋的な「調和」の精神の融合にとても興味があります)

二つ目は、これは実際に起きたことではなく、想像の中のことですが、自分が恩師と大きな木を見上げている像が頭にあって、恩師が手を後ろに組みながら「世界というものは大きな木のようなものなんですよ」と話してくれるイメージがあったところからきています。
全く勝手なこのイメージは、全ては一つで私たちはその一部であるという感覚にぴったりする感じで印象に残っています。

三つ目は、一番目と二番目にも共通すると思うのですが、私は見てみたいのです。
体を持った人間がこの世界でできることを、まだまだ。
別に花は咲かなくても木は木だし、どの状態がどれよりいいとかでもないと思うのですが
それでも、私たちの世界から恐れがどんどん減っていったら
この世界は一体どんなに素敵な場所になるのだろう???と思います。
もちろんそれは個人レベルで起こることでもあると思いますし、私の見ている世界は私の心の一側面でもあると思うので、それは私自身にとっても、この世界に身を置いている一人としてのチャレンジでもあると思うのですが。。

そしてブログについている「パラレルリアリティと共に歩む」ですが
(→追記 2013年 初期の「並行宇宙と共に生きる」の方がしっくりする気がして変更しました)
私は多分こういうことを感じたり考察するのが好きなんですね。
どこにいても、誰といても、何をしていても、結局こういうようなことに意識が向いてしまいます。
もちろん世界観というものは、人それぞれだと思いますし、必ずしも言葉にして分かり合えなくてもいいという思いもあるのですが(同じでなくてもお互いを尊重し合えるし、愛し合えると思います)
でも敢えて言葉にしてみると、今は、時間・空間の世界を歩き回る自分自身がその一部なのだという気がしています。

最後になりますが、思いっきり自分語りのおまけになってしまいますが、観察すると私の心の中には、「実験ちゃん」という女の子が潜んでいます。
実験ちゃんは、この世界の中で色々な体験をしようとしていて、
何かを始めるときはどきどきして眠れなくなったりもするし、時には、大失敗をして、なかなか立ち直れないときもあるけれど、それでも、自分の経験は自分のものとして受け止めて、時間がかかったとしてもまた立ち上がって進んでいきます。
身近な人に実験ちゃんの話をするとくすくす笑われたりもするけれど、最初から最後まで何もかもわかっていることはそれほど面白くないし、多分それは実験ではないので、
実験ちゃんは、ある意味真剣に、直感を使いながら、道草をしながら、遊びながら、色々な人と交流しながら、人生をかけて歩いていきます。(もしかすると、上記に共通しますが、散歩をしているともいえるのかもしれないけれど。。)
でも一体何でそんなことをするんだろう?
体を持った世界では大変なこともあるし、人との別れはなかなか慣れなかったりもするし、いずれ結局全ては消えてしまうのに、何でそんなことをするんだろう?
多分それは、そうだとしても、色々あったとしても、実験ちゃんはこの世界に来てみたかったんじゃないかなと思っています。







スポンサーサイト