FC2ブログ

死について② 「フィンドホーン創設者、アイリーンの死」 

フィンドホーン(Findhorn Foundation)というのは、スコットランドにあるスピリチュアルな共同体だ。
「スピリチュアルな共同体」といっても、グルのような存在を崇めたりしているわけではなくて、一人ひとりが内なる神聖さを意識しながら自然と共に暮らしている。

そこを私は2006年の12月と2009年の5月に訪れている。
最初に訪れてみようと思った一番の理由は、グルのような中心人物がいなくても本当にそういった共同体が成り立っているのかを、この目で確かめたかったからだ。


そして振り返ると、私がフィンドホーンの地を踏む流れはまだその名前を知る前から始まっていたのかもしれない、と思う。

おそらく、本当の最初は子供の時。
小学生の私は当時の子供社会に漂っていた競争意識に疲れ、閉塞感を感じていた。
そんな中のある日、同級生が私に作り話をしたことがあった。
「遠くの外国に、皆が自然の中で仲良く暮らしている場所があるんだよ~」と。
からかわれているのかもしれない、と思いながら「そうなんだ。行ってみたいな」と私は答えた。
その時の私は、本当にそんな場所に行ってしまいたかったのである。
ある時強く望んだものをいつの間にか手にしているケースは多々あるが、私とフィンドホーンとの出会いは何だかそこら辺が始まりのような気がする。

そして19歳の時、アイルランドに滞在した帰りの飛行機の中で、突然自分がイギリスにいる姿(ビジョン)を見た。
留学でもなく、旅行でもなく、冬の恰好で大きなスーツケースと共にその地に立っている自分の姿がはっきりと見えた(浮かんだ)のだが、その自分を取り巻く状況は今の自分とは随分違いそうだったので、それ以上は知りたくないと思ってそこから先を見るのはストップしてしまったという記憶がある。

それから約9年後、フィンドホーンにいる時に突然「あのビジョンはここだったのかもしれない」と思い出したのだけれど、初めて訪れたその地は本当に素敵な場所だった。
最初は体験週間という名のプログラム=Experience Weekに参加して、色々な国の人と自分の思いや感じていることをシェアしたり、歌を歌ったり、踊ったり、瞑想したり、ボランティアをして過ごした。
その時間は心地よく満ち足りていて、「こんな場所があるならば、私は地球にいるのが楽しい!」と私の中のインナーチャイルド(子供心)がとても喜んでいた。

2週目はExploring Community Life というプログラムに参加して、パークという(フィンドホーンが始まった場所:創設者であるアイリーンが内なる神の声に導かれながら、夫のピーター、植物の精霊と会話をするドロシーと共に、何もない荒れ地を開墾し、通常その地では育たない植物まで育つような豊かな土地になった)所に移り、バンガローと呼ばれるコテージに泊まった。
グループメンバーはアメリカ人、ドイツ人、イギリス人、日本人の私の4人で、家族のような親密な時を持つことになり、私は「このままずっと、この人たちとここで暮らしてもいいんじゃないか」と思えてしまうくらいの幸福を感じた。

そしてその間に、アイリーンが危篤だというニュースを耳にした。
私たちのフォーカライザーが「そんなに悲しまないで。彼女の旅立ちを引き止めることになるから」と静かに言ったのが印象に残っている。


その朝、フィンドホーンが始まった庭に私はたまたま一人でいた。
そこはいつにも増して、とてもとても厳かなエネルギーで満ち溢れていた。
私は庭の片隅にある東洋の像に膝をついて祈った。
もしもサポートになるのでしたらこのエネルギーも旅立ちにお使いくださいと。

その日の午後6時半くらいだったと思う。
突然瞑想室に行かなければいけないという気がしたので、私は一緒にテーゼ(と呼ばれる聖歌)に行こうと約束していた人に予定変更を謝って瞑想室に出かけた。
そして、瞑想室には誰もいなかったので、一人でキャンドルの前にじっと座っていた。
あまり集中できなかったけれど、一定時間が経った後、部屋を出ようとしたときにアイリーンの言葉が書かれた本を見つけた。
ぱらぱらとめくってみると、新旧の流れが入れ替わるというような内容が目に飛び込んできたのを覚えている。

それから頭上で星が瞬くアイリーンの庭を通って自分のバンガローに帰ると、同じグループの人たちが玄関で煙草を吸っていた。
そして、アメリカ人の女性が passed away という言葉を使って、白い煙と共に「アイリーンが亡くなったのよ」と教えてくれた。

私は驚いたあまりに、何だか自分の意識まで夜空に吸い込まれていってしまいそうな気がして、普段自分が絶対にしない行為(健康云々よりも、至近距離にある火が好きではない為)・タバコを一本もらって、ゴホゴホと無理やり吸ってしまった。


どんな存在の「死」も大きい。
それは周りの人たちに余韻を残し、「死」という終わりがあるこの世界で生きることについて考えさせてくれる。
そして、フィンドホーンを創設したアイリーンの生も死もきっと、たくさんの人が色々な関わり方をしたと思う。
私は今でもあの日の庭の厳かな輝きを覚えている。


Findhorn Foundation(English)
フィンドホーンについて(日本語サイト)
アイリーン・キャディの自伝「フィンドホーンの花」


更にフィンドホーンでは、そういった忘れられない体験をしただけではなく、その傍ら個人的な問題が浮上して、自分のバランスを取り戻すのに結構時間をかけることにもなった。
見えない世界との壁が薄いと言われる所は色々なものが浮き上がりやすいと感じたが、そんなフィンドホーンには2009年にダンスを習いに再び訪れてから、もう10年以上が経っている。
また行く日がくるのかもわからないし、フィンドホーンを愛する日本の人たちの集まりにもあまり顔を出してはいないけれど、あの場所は心の中にずっとある。
フィンドホーンは私に、人間が自然界と協力しながら仲良く暮らせることを思い出させてくれた場所だ。


志野



死について①… 「元彼の犬の話」 

コロナウィルスが蔓延するようになってから、「死」を以前よりも意識するようになった方もいらっしゃるかと思いますが、今回は20代の時の手記・「私が経験した(傍から見た)死について」を2つ出したいと思います。
精神世界では、「死」は本当の終焉ではなく魂は不滅なものとして捉えられることが多いのですが、肉体を持つ私たちにとって、「死」とは意識が体から完全に離れるという最大級のターニングポイントでもあると思います。
そして、そんな「死」というものを傍から見ていると、例えそれが一見アクシデントのように見えても、そこにぐっと向かっていく流れがあることを感じるときがあります。



【(元)彼の犬の話】

アメリカのLという町には、大きな川が流れている。
そこには製紙工場があって、いつも白い煙をもくもくと空に吐き出している。
その町に行き、恋人と彼の黒い犬と一緒に川縁を散歩していた時のこと。
なぜだか突然、「この光景は、もう二度と見ることができない」と強く感じた。
それはあまりにもはっきりとした予感で、すっかり打ちのめされてしまった私は「私と彼が別れてしまうのだろうか?私はもうこうやってここに来ることはないのだろうか?」などと考えながら、「この予感は変わる可能性があるか?」と意識の海を探ってみた。
すると、その可能性は限りなくゼロに近いような気がした。
それはもう、どうしても変わることのない・変えられない未来、という感じだった。
仕方がないので、私はもう二度とないこの瞬間をしっかりと目に焼き付けることにした。
自分ではどうすることもできない何かの大きな流れを前に、ただ私は立ち尽くして見つめることしかできなかった。
川縁に立つ、彼と黒い犬を。
本当に何もすることができなかったけれど、今でも思い出すことができる。
目に映る全てを見逃さないように、自分の手を固く握りしめたこと。
きっとそうしなければ、全てがおぼろげな記憶の彼方に薄れてしまうことになったあの瞬間を。
そして、私たちがその町に一緒に行ったのは、本当にあの時が最後になってしまった…。




アメリカ人の彼は、私が日本にいると写真を添付したメールを時々送ってくれるのだけれど、ある日届いたメールを開いてみると年老いた彼の真っ黒な犬が庭で寝そべっている姿が映っていた。
そして、その犬に被さるように写真を撮っている彼の影が映っていて、それを見た瞬間、私の頭の中に「murder(人殺し)」という言葉がぽんと浮かんだ。
何の感情も伴わない、一つの単語として。
それから私は「なんという言葉を思い浮かべてしまったのだろう」と少し反省をして、そのことを忘れた。

そして次の日、都内の植物園を散策しているときに、私は突然自分が何かあたたかなもの(エネルギー)に包まれるのを感じた。
それはとてもやわらかな大きな何か…動物の意識のかたまりのようなもの…。

そして更に次の日(時差もあって曖昧な記憶だが)、彼が私に泣きながら電話をしてきて「なんてことだ。僕は自分の犬を車ではねてしまった」と言った…。
山を歩くのが好きな彼は、家から少し離れたところに山の一角を所有しており、そこに犬と出掛けた際は、途中で愛犬を放して車を止める所までのろのろと車を走らせるのが常だった。

そして、その際に事故が起きた。

最愛のペットを自分ではねてしまったことに彼はとても大きな衝撃を受けていて、その時私はなんて慰めの言葉をかけたかも覚えていない。
けれども、それは起きてしまった。
きっと、たくさんのことが重なってそれは起きたのだ。
おそらく彼と彼の犬の魂は、事故を起こす前から共にそこに向かって進んでいた…。




彼の犬が亡くなってしまってからしばらく経った後、たしかあれはハロウィンの近くだったと思う。
仕事のために、彼は東京に来ていた。
何かを失ってしまっても、人は前に進まなければいけない。
そんな日々の中、休日に私たちは気分転換も兼ねて遊園地へと出掛けた。
そして、楽しい時間を過ごしてみても、私たちの奥のどこかでは彼の犬の死が響いていた。

彼の滞在先であるマンションに戻ったその日の夜、私は遊園地で買った風船を窓辺にぶら下げながら亡くなってしまった犬に真剣に話しかけてみた。
「もしも私の声が届くのならば、この風船を揺らすなりなんなりしてほしい」と。
けれども風船は糸をぴんと張って動かずにいたので、私は犬とのコンタクトをすっかりあきらめてしまった。

そして次の朝、彼が「あの部屋の窓を見て!」と私に言った。
そこに…、あったはずの風船がなくなっていた。
風船は、夜のうちに飛んでいってしまったみたいだった。
もちろんそれを偶然として見ることもできるけれど、「サヨナラ」と言われた気がした。


志野

死について② 「フィンドホーン創設者、アイリーンの死」



お別れの先にあるもの 

様々な物事が大きく変わりやすい今日、今まで関わってきたものを手放すことになった方たちも多いのではないかと思います。特にその流れに意識的に乗った覚えがないという場合、大きな葛藤や悲しみを感じることもあるかもしれませんが、今回はお別れの先にあるものに目を向けた記事をUPしたいと思います。



私は別れや終わりといったものが嫌いで、往生際がわるかったり、引き延ばしたりを今までたくさんやってきた。
でも、そうやってジタバタを繰り返した中で学んだことも確実にあって、たとえ辛くても「今このタイミングで手を放すことが本当に適切だ」というような別れがあるのも知った。

時にそれは腹を切るような決断で、その瞬間は悲しすぎて眩暈がしたり、しばらくの間は禁断症状のような感情の揺り戻しがやってくることもあるけれど、それでもやがて後から「あれでよかったんだ」と思う日が来る。

そして、そういった苦しみを越えて見つけたものもある。

それは、別れは全ての終わりではなく、新しい世界に続く扉でもあるということ。

別れの後のぽっかり空いた空間に、寂しさやあせりから何でもかんでもやたらと詰め込んでしまおうとせずに、自分の望むものの本質にフォーカスし続けていると、やがて新しい素敵なものがやってくる可能性があるということを。

それでも、「新しい素敵なものなんて欲しくない。苦しくても窮屈でもこのままがいい。今のままでいたい」と私の中の小さな私がそう言い張って、不自然に何かを引き延ばしたりしようとすると、その不自然さから事態は更に悪化したり、思いがけないサヨナラの波がやってきて、全てをさらっていってしまったこともあった。


昔、どうしてもお別れできないものがあってしがみついていたときに、自分の中のどこか深いところから何度も何度も聞こえた言葉がある。

「愛を持って手放しなさい。
やがてそれは形を変えてあなたの元に還るだろう」


この世界では、時に終わりに見える変化が避けられない。
それが真実だ。
けれども、たとえそれを嘆き悲しもうとも、二度とこの手で触れることがないものや、この目で見ることがないであろう光景も、深いところでは無くなったわけではないと感じる時が来るのもまた真実だ。

出会いと別れのループが避けられない世界にいることを切なく感じるときも、それを知っているだけで、ほんの少しだけ、別れの辛さが軽減することがある。

別れの対象は様々で、人との関わりや特定の場所、楽しかったひと時、使ってきた物、続けてきた事、習慣、これが自分だと信じてきたアイデンティティのようなものから思想に至るまで、本当に色々なものがある。

人はそこから離れる時、慣れ親しんだものに対する執着やその喪失に恐れを感じたりするけれど、それでも、その先には必ず新しい世界がある。


志野

愛のクリーニング屋さん 

(今回の記事は数年前に書いてそのままにしておいたものですが、少し前にこのお店に行き、思い出してのUPとなります!^^)



「愛のクリーニング屋さん」なんてタイトルをつけてみたのだけれど

行くと必ずといっていいほど癒されてしまうクリーニング屋さんがある。


うちから少し離れているので、気が向いたらとか、その近辺に用事があるときに利用するところなのだけれど

先日久しぶりに行ったら、やっぱり癒されました。


そこにいる、おばさんがすごいのである。


ものすごく普通にとても優しい。


「今日は風が強いわよね」とか「寒い中お待たせしちゃってごめんなさいね」とか

「あら、これ素敵なスカートね」とか「このマフラー、綺麗な色ね」とか「スタンプおまけで押しておくわね」等々

いつもいつも普通の親切をこれでもかという程してくれる。


それも全く営業という感じではなくて、媚も嫌味もなく無条件に優しい。


人にはそれぞれの愛情表現があると思うけれど

この人は何だか万人の中にいそうな理想のお母さんみたいだなぁ、と思う。


かなり疲れているときに、そんなふうに迎えてくれたおばさんと接していたら

思わず泣きそうになってしまったことまであった。


おばさんはきっと自分がものすごく優しいことに、気がついてもいないんじゃないかな、と思う。

たとえ、もしも何処かに「いい人でいよう」という思いがあったとしても

それは相手に好かれるためとか、お店に来てもらおうとか、そういう感じではなくて

「ただ自分がそうしたいから」かもしれないと思う。



そしておばさんからは「遅くてごめんなさいね」とか「今すぐやるわね」というような言葉も出てくる。

間違えないように、ゆっくりレジを押しながら。

そんなおばさんに「いえいえ、ゆっくりでいいです。急いでいませんから」と言いながら

私はそのちょっとしたやり取りにさえ、とてもあたたかな気持ちになる。


この人は、もしも困っていたら深い事情を話さなくても「あらあら、大変だったわね」と無条件に受け入れてくれたり

「いいことがあったんです!」と言ったら「あら、よかったわね」という言葉を自然にかけてくれそうな人だ。

(というのは私の勝手な妄想で、あくまでも普通のクリーニング屋さんなんですけどね。笑)



以前、おばさんの優しさにじ~んとしているうちに

「いつもありがとうございます。ここに来ると何だかほっとするんです」と思わず言ってしまったら

おばさんはきょとんとして「あらまあ、そんなそんな」と笑いながら、かごの中の飴を勧めてくれた。^^


本当にこの人には頭が下がる。


小難しい理屈よりも、こういった優しさをただ求めている人はきっとたくさんいるのだろう。


こういう人が増えると世界が平和になりそう、なんて思いながら私は帰りの自転車に乗る。


パワースポットは意外と身近なところにもあったりするものだ。


志野


③恐怖について (パニックとその考察。10年前の実体験より) 

②恐怖について (パニックとその考察。10年前の実体験より)の続きになります。


それから2年後くらいに、再び「歯」に違和感が出てきました。
前回は無事に乗り切り自分の状態も落ち着いたものの、「歯医者さんに行こうかな」という思いと同時に、あのときの恐怖が一瞬よみがえり、思わずインターネットで「歯医者 怖い」などと検索をかけてみると、似たような悩みを抱えた人が少なからずいることも知りました。
そして、そういった中で見つけたのが、歯科治療の恐怖を軽減する「笑気麻酔」
これはとてもわかりやすい対策ですが、「この麻酔を扱っているところは、歯医者さんに恐怖を覚える人たちも対象にしているだろう」と(前回の歯医者さんも親切にしてくれましたが、そこには笑気麻酔がなかったので)この麻酔を利用している歯科医院を更に調べてみました。
(また、スピリチュアル系に関わっていると西洋医学のみにフォーカスしていない歯医者さん情報も入ってくるのですが、そういったものをどう捉えるか・関わるかはそれぞれだと思いました)
それから「今の自分に合う歯医者さん」を直観なども用いて絞りに絞り上げ、最後まで候補として残った医院に行くことに決めました。

そして、事前予約のメールで「必要でしたら笑気麻酔も使って欲しい」旨を伝えて、再びやってきた診察台。
やはり、それなりに緊張して座っていたら、ふら~っと入ってきたのは、どことなく映画の“寅さん”を彷彿とさせる男の先生!!

その先生は「なに~?歯医者が怖くなっちゃったの?でも、笑気麻酔はなくてもきっと大丈夫だよ~」と言いながら私に近づいてきて、「ほれ、口開けてみな!」と、怖がる小動物をささっといじるように治療をすませてしまいました。
この先生のおかげで私はその後もリラックスして治療に臨めたのですが、先生(以来、心の中で勝手にトラさん先生と呼んでいます。^^)と私は、お医者さんと患者として、とても相性がよかったのだと思います。
(もしかすると、先生のような気さくさが逆に苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、あのときの私には、クールで隙のない感じの人に診てもらうよりも合っていたのではないかと思います。ただ、私には考え方も含めた歯科治療についての専門的な知識が少ないことと、相性等は人によっても違うと思いますので、お勧めの歯医者さんとしては敢えてこの場で名前を出さないでおきます)

そして、自分の経験からも言えるのですが、恐怖を感じるときには、ものすごく深刻だったり、恐ろしく真面目になっていることが多々あります。
ですので、そういったときには自分にとってのいい加減さがある(←無責任という意味ではなく、知識や経験が自信となって、良い意味で力が抜けていたりする)人と接することで、救われることも多いのではないかと思います。
私の場合、診察台に上がることさえ不安を感じていたあの頃の自分にフィットしたのは、トラさん先生の安心感のあるいい加減さでした。
(今、私もセッションで緊張していそうな方とお話するときには、自分のゆるさをいつも以上に引っ張り出している感があったりします。^^ また、色々な経験をした人がユーモアに行きついたり、その大切さを説くことがありますが、ユーモアや笑いというものは深刻さを一瞬で溶かしてしまったりするのですね☆^^)


そして、このような体験もしてきた私がセミナーなどで「恐怖」を扱うときには、そのポイントを大まかに3つに分けてお話することが多いです。

①恐怖を感じている自分を責めないこと
基本的に恐怖心は、自分の身を守ろうとして出てきます。
危機的な状況において、何も感じなければそれに巻き込まれてしまうこともあるからです。
ただ、何かのショックでその作用が活発になり、必要以上に過剰な反応をしてしまうことがあるかもしれませんが、そのようなときに「身を守ろうとがんばっている自分」をやみくもに責めるのは効果的ではありません。
この記事を振り返っても、怖がっている私を責めたのは最初の私だけですね!^^
「絶対に恐れてはならない」と設定してしまうと、逆にそれがプレッシャーになったり、少しでも恐怖を感じたときにその状態自体を恐れることによって、恐怖が倍増してしまう可能性もあります。
そして、もしも過剰反応が癖のようになってしまった場合には、そういった状態とどのように向き合っていくか、またその反応を軽減していくことに焦点を当てていくといいと思います。

②少しずつでも大丈夫な感じを増やしていくこと
どのような方法を取るかは本当にそれぞれだと思いますが、自分が安心や安全を感じられる時間を増やしていくことをおすすめします。
瞑想や呼吸法、今に集中したり、自然に触れることなどもおすすめですが、場合によっては他者の手を借りることも選択肢に入れるといいと思います。
自分が大丈夫だと感じられないときには、大丈夫な人の力を借りることも自分を大切にすることにつながりますし、世の中には、各分野においてスキルや知恵のある優しい人たちがたくさんいます。
そして、何らかの助けを求める場合には、自分の恐怖心を上回る安心感で包み込んでくれたり、大丈夫な感じを積み重ねていくことに手を貸してくれる人が、そのときの自分に合った支援者だと思います。

③恐怖の根底にあるものに目を向けたり、考え方や視点を変えていくこと
恐怖はそれを感じる人の反応であり、「そこに何か大切なものがある」というサインであることもよくあります。
その源に何があるか、またそれが何によって引き起こされるかはケースバイケースですので、ここではあまり細かくは触れませんが、感じる恐れにただただ蓋をしてしまうよりも、自分の内面と向き合っていくと想像以上の癒しにつながっていく可能性もあります。
(また、怖いと思っていたものが、視点を変えることで怖くなくなるようなこともあるかもしれませんし、大きな衝撃を受けている場合には、回復まで時間を要することもあると思います)


上記の3つのポイントですが、今、何らかの恐怖が過剰になっている方の参考に少しでもなりましたら幸いです。
そして、私と話してみたいという方は、個別のカウンセリングを受けていただければと思います。(HP→ ブルーミングツリー ※2020年11月現在は スカイプ特別セッションも行っております)
また、直接お話することがなかったとしても、ご自身の世界に安心や安全、優しさが拡がっていきますようお祈りいたします。

志野