欲しいものを得るために、妙な苦労を買おうとしてはいないだろうか? 

自分の内面を掘り下げていくと、様々な思い込みが出てくることがあります。
それらの中には、自分が属したり関わっていたりするグループ(の文化・意識)から受け継いだものもあるかもしれません。
そして、たくさんの人が好む美談の一つに、苦労した上での成功というものがありますが、振り返ると私の中にも「苦労した分、報われる」という根深い思い込みがありました。

けれども、よくよく見ていくと、苦労と報い(成功・幸せ)は必ずしもイコールではないんですね。
自分がエネルギーをかけた分だけ、何かが動くということはもちろんあります。
でも、それがうまくいかないと、己に負けてしまう人もいます。
ボロボロになってやる気を失ってしまったり、卑屈になってしまったり、望むものを手にしたとしても「自分はこれくらいやったのだから当然だ」と傲慢になって人を見下してしまうケースもあるかもしれません。
また、無理をしすぎて病気になったり、後から具合が悪くなってしまったりするというパターンもあります。


私は体力的にはそれほどがんばれない方かもしれませんが(笑)、精神的にはかなりがんばってしまう癖があって、思い返すと「はっきり言ってあれは無駄だった」や「あのやり方ではなくてもよかったかもしれない」という事が幾つもあるのですが、そういった経験をする中で「なんだ、ただ苦しい思いをすれば報われるとは限らないじゃん!」と気がつけたのは幸いだったと思います。

そして、苦労をしてしまいがちな方には「もしかすると、自分はそこから何かを得ようとしてはいないだろうか?」まで見ていくことをおすすめします。
掘り下げると、例えば周りに「すごいね」と言われるのが嬉しかったり、一つの方法でがむしゃらに何かをすることを決めてしまうと他のやり方について考えなくてもいいから楽だったりする、等という意識が(少しでも)見つかる可能性があります。
また、何等かの理由によってスムーズにいくこと自体を怖がっている(求めていない)というようなこともあるかもしれません。


さらに、これらも確かめてみましょう!

□今やっていることは、本当にそこまでのエネルギーを使ってやる必用のあることだろうか?
□そのやり方が適切かどうかを考えることを放棄してはいないだろうか?
 (↑たとえ始めた時にはそうすることが適切に思えていたとしても、果たして今もそうだろうか?)
□(辛口になってしまいますが→)もしかすると、がんばる自分にただただ酔おうとしているところはないだろうか?
□辛い思いをすることが当たり前になってしまっていて、それが普通だと麻痺してはいないだろうか?
□自分が本当に望むもの・欲しいものは何なのか?


そしてまた、「苦しい思いをする分、私に幸せをください」という取引の意識がどこかにないかどうかも見ていくといいと思います。
「これについて、たくさん心配しますから、実際はナシにしてくださいね」等というケースもあるかもしれません。
もしもそれがあったとしたら、それは結局欲しいものを手にする為に自分が使っている(一つの)方法なんですね。
そしてそのやり方しか知らなかったり、その方法で上手くいかなかったりすると、楽しそうに見える人に対して腹が立ってくることもあるかもしれません。
何だかモヤモヤするときには自分を振り返るチャンスです!

「もしかして私は今、妙な苦労を買ったり、買おうとしていたりはしないだろうか?」と自分に聞いてみましょう。
そして「そうかも…」というときには、そこから動いていくための言葉をここに書いておきますので、よろしければ口に出して言ってみてください。^^

「欲しいものを手にするために、必ずしも苦しい思いをしなくてもいい」

信じられなかったら、まずは「かもしれない」を付け加えるのもいいと思います。
そうすると、今までは想像もしなかった道が見えてくるかもしれません。
その道が視界に入ってくる可能性の扉をご自分で開くのです!

「そう思うのは難しそうだな」という方はご自身が神様になったと思ってください。
そして誰かがあなたに何かを頼もうとして、次のように言ってくるのを想像してみましょう。

「どうしてもどうしてもあなたに○○してほしいから、私はこれから全速力で自分の家の周りを走ってきます。もしも足りないというなら、30回、いや50回、いやいや100回…走りますから、お願いだから○○してください」

「え!?いやいやいや…。あなたが走るとか走らないとかは、私が○○するのに関係ないよ」と思ったりしないでしょうか?^^
そしてまた、苦しい人を見たいという欲求を持っていなければ(神様にそれがあると思いますか?)大変な姿を上乗せされても「やめてよ」「そんなの意味ないよ」と思いませんか?
自分が祈られる立場になったら「そんな努力を見せられても…」と困惑したりしませんか?

「情熱はわかった。でも走るのは必要ないよ…」
「そんなに勝手にがんばって、倒れないでよ…」
「自分でがんばった挙句に疲れ果てて、私に見捨てられたとか言わないでね…」
「っていうか、もっと違うことをしてよ…」


(こんなふうに思ってしまうような妙な苦労を、自分もしようとしてはいないでしょうか?)

そして、何だか可哀そうになって願いを叶えてあげることにした場合、「そうか、やっぱり私が走れば走るほど願いを叶えてくれるんですね。次はもっともっとたくさん走りますから、自分の体にムチを打ってでも走りますから叶えてくださいね!」と、さらにやる気を出されてしまったら「え~!?」と思いませんか?

私だったら「そんなの全然嬉しくないから、お願いだからやめて~。それは関係ないことに早く気づいてほしいな」と思います。

また誰かに「私はあなたに願いを聞いてもらえるまで、頭を壁に強く打ち続けます!」なんて言われてしまったら、「やめて~。>_<」と思いますし、「私が傷つくのを見たくないですよね!?」と迫られたら、「あれ!?…実はそれって脅しじゃない!?」と思ってしまうかもしれません(笑)。

ご自身だったらどうでしょう?
もしもあなたが神様だったら(願いを聞く側だったら)ただただ人の苦労を見たいでしょうか?

もしも「必ず自分の苦労を捧げなければ、願いは叶えてもらえないのだ」と信じているとしたら、もしかするとそれは「ご自分が想像するところの(どこかでそう思い込んでしまった)神様の望み」かもしれません。

「じゃあ、どうすればいいの?」という方は、神様(or 助けてくれると思っている対象)にこのように願ってみるのはどうでしょう?
私は今こういったものを望んでいます。
そのために自分ができることをしたいと思います。
もしも私のやり方が間違っていたら、もしくはもっといいやり方があったら教えてください。
&全体的に調整が必要なところはお願いします!

また私の設定しているゴールにおかしなところがあったらそれも教えてください。
と加えておくのもいいと思います。(ゴールがずれていたら、元も子もないですから!^^)

ちなみに精神世界に目覚めた私の母は、いつの頃からか私が何かをするときにあまりにも深刻な感じになっていくのを見ると「ほらちょっと、がんばらないで楽しみなさいよ!」と声をかけてきたりするようになりました。
「この世はただがんばるためにあるんじゃないのよ~」と。
そして、そう言われた私は「あ、そうだった。またがんばろうとしちゃった。^^」みたいになるのですが、必要以上に深刻になってしまうのも実は習慣だったりするんですよね(笑)。
特に慣れていないことだったりすると、どこで力を抜いていいのかさえよくわからないこともありますが、MUSTではなくても「できるだけ楽しくやることも忘れないでいよう!」を意識すると、随分変わってくるものもあります。
(目的地にはキリキリ神経を使って行くことも、鼻歌を歌いながら行くこともできるのです!)

そしてまた(妙な苦労を買おうとする癖がある際には見直していくといいと思いますが)自分が情熱を感じるものに意識的にエネルギーを注ぎ込むような意味においてのがんばりはありだと思います。
時には何かを突き詰めていく喜びというものがあるかもしれませんし、全力で走ると気持ちがいいこともありますよね!
また何かに対してやれることは全部やりたい。それだけそのことに対して熱い思いを抱いているからということもあると思います。

ですので、その根底に喜びがあるときにはがんばればいいし、そうでなければやめればいい。
そのくらいシンプルでもいいと思います。
そして、がんばるのもがんばらないのも自分が選択しているのだと思えれば、そのスイッチをより意識的に動かすことができるようになると思います。

また、一旦がんばることにしたけれど、それを切り替える目安(ストップ、減速、やり方を変える)は、自分が決めた目標(←途中変更もあり!)に辿りついたとき、単純に疲れたり、効率が悪くなったり、そのエネルギーの向け方や方向性がしっくりしなくなったり、がんばっている自分がイヤになってきたとき…、等々かもしれません。

そして、これを読んでくださっている方の中に、妙な苦労を買うのはもうやめたいけれど、以前自分がした選択の影響下にあって、そこからすぐには抜け出せそうにないという方がいらっしゃいましたら、その状況から出るために今自分ができることをしたり、そこから学べる分だけ学んでいったりするといいと思います。
まずは今の自分を責めることなく、その苦しみをできるだけ緩和する方法を探しながら、ご自分の人生に変化を招くのです。


今回は「妙な苦労を買おうとしてはいないだろうか?」にフォーカスしてみました。
この記事は生きづらさを感じている方の参考に少しでもなればと書いておりますが、ご自分の人生はご自身のものです!
もしも響くところがありましたら、ご自身のやり方で取り入れたり、試してみたりしてください☆
また、色々なケースがあると思いますので、個別のカウンセリングを望まれる方はお手伝いもいたします。
ブルーミングツリー(2020年9月の現在はスカイプ特別セッションも行っております)


志野