FC2ブログ

コロナウィルスに関して、この時期の過ごし方 

私事からお話しますが、昨年の12月の半ばの時点で、カウンセリングの仕事とは別に今年(2020年)少し関わる可能性があった幾つかの事の一つから完全に身を引くという強い感覚がありました。その時はどう考えても理由が思い浮かばず、けれどもこれに関してはとにかくノータッチの方がいい、という感じがしたのでそうすることを選んだのですが、それはクルーズ関連の話でした。
振り返ると、自分が今いる世界の中でここまで日本が騒ぎになるシナリオは、既にあの頃から強い可能性を持って浮かび上がっていたのだな、と感じます。

(こういった感覚は、その時点では「○○だから○○」と説明のできないことも多いのですが、直観力のセミナーやセッションでお話したこともあるように、自分の感じたこととその後に起きたことの考察を繰り返し続けていると、次第に雑念や欲のようなものとは区別して使いこなせるようになります。※私は占い師ではありませんので、特定の事柄に関する予言や予知を生業としてはおりませんが、皆さんがご自分の感度を高めつつ、ご自身の手でお好きな未来を切り開いていくお手伝いはできると思っています)


そして、今世界が騒いでいるコロナウィルスに関してですが、それがどのような現れ方をしたとしても、たとえその実態がどのようなものだとしても、今の私たちの世界の一部として捉えることができると思います。

私たちの多くがそれに投影するもの、それは「恐れ」です。

健康が脅かされたり、世の中が変わったり、何かが足りなくなる恐れ。

この時期、私たちが個人レベルでもこの恐れを少しずつ手放していくと、楽になったり目の前に突破口が現れてくることもあると思います。


何かが足りなくなる恐れ
例えば品薄と言われるものを必要以上に買ってしまいそうな衝動に駆られたとき、皆が分かち合っている世界を思い浮かべてその手を抑えると、分かち合いの世界に一歩踏み出すことができます。

システムや形が変わる恐れ
色々なものが中断してしばらくゴタゴタするかもしれませんが、そういった中で本当に大切なものを見据えると、新しいやり方や工夫が生まれる可能性も高まります。

健康に関する恐れ
自分の肉体に今必要だと思うことをしながら、怖くなってしまいそうなときには自分の注意やバイブレーションをコロナウィルスのことではなく、違うものに合わせてみましょう
怖いTVを見続けて震えが止まらなくなりそうなときに、スイッチを切ってしまうか、チャンネルを何か別のものに切り替えるように。

楽しい音楽や、好きな音楽を聴きましょう。
できるだけ自分が励まされる言葉を目や耳にしましょう。
面白い話をしてたくさん笑ってください。
ご自分の世界に安全や安心感を少しでも広げてください。

これを読んでくださっている方の中には、今好調な方からそうでない方までいらっしゃると思うのですが、もしも元気ではない場合、そのことに関して自分を責めたりせずに、必要な休息を取ったり、今の状況からできることをして、且つその中で少しでも自分にとって安心感とつながるものを取り入れていくというやわらかなポジティブシンキングを選んでいくといいと思います。

(「絶対にポジティブでいないとウィルスにやられてしまうからとにかくポジティブでいなければ!!」というような思いは、時にその過剰なエネルギーによって逆の極を引き寄せてしまう可能性もあります。恐れを感じたら、ただその都度そこからご自身の望む未来の方に顔を向けていくという時間を増やしていくことをおすすめします)

時々フラストレーションを感じることがあったとしても、それも自然です。
今は色々なことが過渡期なのです。
そのようなときこそ自分により優しくしましょう。
また、不安を一人で抱えきれなそうなときには、どなたかの優しさやそのようなサービスに頼ってもいいのです。
この世界には優しくて賢い人たちがたくさんいることも信じてください。

子供たちを大切にしながら、信じましょう。
彼らはこの時代、この世界にやってきている強い魂として見ることもできます。
子供たちが私たちにいかに柔軟に生きることができるかを教えてくれることもあると思います。
私たちも大人として、色々工夫をしながら一緒に生きていこう!という姿を見せてあげましょう。

そして、色々な人の言葉や発言を耳にすると思いますが(今私も発信しておりますが。^^)、肩書やネームバリューだけではなくご自身に響くものを、しっくりする分だけを参考にしていかれるといいと思います。(もちろん私の言葉もですよ~!^^)

自分にとって本当に何が大切なのか、全ての人が自分で見極めていく時代が既に始まっています。
私たちがこの騒動を越えてより愛と平和な世界を選んでいく、私はそんな未来に目を向けています。

志野